交通事故被害者に対する保険会社の対応

保険会社と交通事故被害者の関係
トップ  |  被害者よりも加害者を守る立場にある保険会社  |  保険会社の提示した内容に不満がある場合には  | 基本的には保険会社より被害者のほうが立場は強い相手方保険会社の言い分を丸呑みにする必要はない

保険会社と交通事故被害者の関係

保険会社にとって交通事故被害者というのは「保険金を支払わなくてはいけない相手」であって、決して顧客ではありません。

今まで保険料を支払い続けていた契約者が事故を起こした場合、その相手に対して賠償金を契約者に代わって支払うのが保険会社の仕事です。

そのため大規模な支払になるような案件ほどできるだけ支払う賠償金を引き下げようという考えが根底にあります。

たくさんの人が契約しているとはいえ、賠償金の支払いがかさめば保険会社の経営が成立しないからです。

言い方はよくありませんが、保険会社と交通事故被害者は敵対関係といっても過言ではないのです。

被害者とは本来守られるべき立場にあるにもかかわらず、保険会社経営という面から見ると非常に厄介な存在として扱われることになるわけです。

もちろん被害者にはそのような側面を見せることはありません。

しかし専門的な用語を使ったり、実況見分で少しでも被害者に落ち度がありそうだという部分を見つけると、そこを突いてどんどん賠償額を引き下げていきます。

本当に被害者に非があるのなら、警察の実況見分でその旨が記載されているはずです。

保険会社はそういったところを上手にすり抜けて、あなたの受けた被害を過小評価しようとしてくるので気をつけましょう。

保険会社と交通事故被害者の関係

トップ  |  被害者よりも加害者を守る立場にある保険会社  |  保険会社の提示した内容に不満がある場合には  |  基本的には保険会社より被害者のほうが立場は強い相手方保険会社の言い分を丸呑みにする必要はない